ホルモンバランスも重要

ホルモンが影響

美容

男性に薄毛が多かったのは男性ホルモンが大きく影響しているからと言われています。その為、女性で薄毛や抜け毛が発生している人は男性ホルモンが増加して、女性ホルモンが減少していることが原因となっていることも多いのです。女性が薄毛対策をする時には、ホルモンバランスを整えておくことも重要なポイントです。ホルモンバランスが乱れた女性が発生する薄毛や抜け毛にもいくつか種類があり、びまん性脱毛症や女性男性型脱毛症、分娩後脱毛症などがあります。

髪全体が薄くなる

女性の薄毛の中でも、男性の薄毛とは違い髪全体が薄くなる症状のことをびまん性脱毛症と言います。無理なダイエットやストレスが原因で発生する症状で、髪の毛だけでなく身体全体の毛が薄くなる場合もあります。びまん性脱毛症の対策としては、生活習慣を整えてストレスを発散するのが良いでしょう。ストレスによってホルモンバランスが乱れ、結果的に薄毛を招いてしまうので、まずは生活習慣を整えることが対策なのです。

男性の薄毛に近い

ホルモンバランスが乱れることによって、男性のAGAのような薄毛が発生してしまう女性もいます。この薄毛のことを女性男性型脱毛症と言いますが、近年女性でも増えてきている薄毛の1つです。この場合、女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが増加することによって発生する薄毛なので、対策としてはホルモンバランスを整えられる育毛サプリメントなどを活用するのが良い対策方法でしょう。また、普段の生活の中でもイソフラボンなど女性ホルモンの生成を促してくれる栄養素を積極的に摂取するのも1つの対策方法です。

出産後に多い

女性が悩む薄毛の中でも出産後に見られる薄毛が分娩後脱毛症です。妊娠中は増加した女性ホルモンも、出産後は元に戻ってしまいます。急に女性ホルモンが低下したことによって髪の毛が細くなってしまい、抜け毛を発生させてしまうのです。分娩後脱毛症の場合、一定の期間が経つと元に戻ることがほとんどですが、なかなか髪の毛のコシや量が元に戻らないという人は、食事で髪の毛に必要な栄養素を補うのが良いでしょう。育毛サプリメントを上手く活用するのも良い対策と言えます。